治験アルバイトの安全性

治験は人を対象とした試験ですので、厚生労働省の定めた大変厳格なルール『医薬品の臨床試験の実施に関する基準』にしたがって行われています。この省令には、患者様の人権と安全性が厳格に守られることが定められています。

治験って、人体実験?

治験と聞くと、どうしても人体実験のイメージを持ち出してくる方がいます。あなたもダークなイメージを持ってはいませんか?それはちょっとした偏見です。治験アルバイトでは安全性がかなり保障されているのです。まず最初に理解してもらいたいことは、治験アルバイトは薬の情報を取るための協力行為であることで、けっして実験ではありません。そもそも薬というのは国・厚生労働省から承認を受けなければなりません。まずクスリの基を見つけて目的を設定し研究を開始するまで2~3年、動物を対象として考えられるあらゆるケースを想定した非臨床試験で3~5年、そうしてやっと臨床試験までたどり着けるのです。実に5年以上という歳月を経て安全性が確認されているのです。ハンパな薬なんて存在しえないのです。

このように治験に使われる薬は長年をかけて安全性が証明されたものであり、心配する必要はありません。

また治験に使われる薬・・・
と聞くと副作用を心配する方もいます。
その心配もごもっともですが、治験で検査する薬は上記のように5年以上検査や実験を繰り返し上記の様々な検査に合格した販売直前の新薬なのです。よって、安全性は前々から十分に確認されているので体に影響が出ることはまずありません。また、モニター会場には国家資格をもつ薬品関係、医療関係の人が必ず同席しなければなりませんので、ちょっと具合が悪くなればVIP環境で診てくれます。もしもモニターで重大な副作用などがでたら薬品関係の会社はおしまいですから、会社のメンツにかけても絶対に安全な環境を提供してくれるのです。ヘタな医療機関よりもよっぽど信頼できるのです。薬品会社の安全管理体制をナメてはいけませんよ。

もちろん、いくら気を使っても安全性が100%になることはありません。万が一、副作用が起こるリスクも0ではないのです。ただし万が一そういった事態が起こった場合には、モニターを実施した製薬会社が治療費や入院費、さらには損害補償金まで100%負担することを保障しています。上述のように薬品会社は薬の安全性を最重要視していますので、会社のメンツにかけて対応してくれます。モニターをする前に副作用に関する可能性と、それが起こった場合の薬品会社の対応が契約書に書いてあるのでよく読んでおきましょう。リスクはもちろんありますが、極限までリスクを減らす努力をしているのです。

なお 「高報酬なのはリスクがあるからだ!」 という方もおられますが、あながち間違ってはいません。いくら万全の体制をしいたとしてもリスクはけっして0にはならないです。その薬が本当に安全かどうかは使ってみないと最後までわからない。だからこういったモニターの仕事があるのです。わずかでもリスクがあるのが嫌ならば、モニターをやるべきではありません。

治験ランキング

安心実績のJCVN治験モニター


治験・臨床試験情報ならJCVN
JCVNでは治験ボランティア・臨床試験のモニターとなって頂ける方を募集しています。
新薬の開発のための基礎研究や臨床試験のため、私たちJCVNは「治験」にご協力いただける治験ボランティアの方々を求めています。

短期高額アルバイトの決定版!【新薬ネット】


『新薬ネット』では、独自に構築した情報ネットワークを駆使し、新薬モニターアルバイト情報をできるだけ豊富に取り揃えるとともに、会員の皆様が新薬モニターアルバイトにスムーズにご参加いただけるようサポートさせていただきます。

治験参加の事ならV-NET


治験実施にあたって、皆さんが安心して、参加していただけるようサポートをさせていただいております。
注意点事項のお伝えや健康状態のチェックを受付フォームやお電話で確認させていただいておりますし、更に、ご参加にあたってアドバイス等もさせていただいておりますので初めてご参加の方でも安心していただけるよう配慮しております。
新薬開発へのご協力をお願い致します。

参加者の満足度95%以上、大阪で治験ならインクロム


大阪で治験に参加してくださる健康成人のボランティアを募集しています!
治験とは、開発中の薬の有効性や安全性を確認するために行う臨床試験のことです。
薬の誕生には欠かせないプロセスで、ドラッグストアで売っている花粉症の薬や目薬もすべて、大勢のボランティアのご協力による治験で有効性と安全性を確認したものです。

臨床試験・治験の情報サイト


運営団体のNPO法人ニューイングは、長年において治験の普及に取り組んできたNPO法人(特定非営利活動法人)です。
製薬・医療業界でのネットワークを活かし、信頼できる治験情報をご紹介します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です